HOME >> ダンボール秘密基地 >> 創造性とダンボール

創造性とダンボール

子供達にダンボールを与えると、いろいろなものに変化させ、ダンボールでいつまでも楽しんでいる。

子供の想像力ってすごいと思いますが、大人だって、頭を柔軟にして、ダンボールを何かに利用してみようと創造すれば、いろいろなものを作ることができるのです。

作る側が、ダンボールという概念さえ捨ててしまえば、ダンボールという箱は、さまざまに利用できる魅力的な材料になります。

ものを入れる、しまうということではなく、そのまま置けないかしら?と思えば、DVDラックや雑誌を入れるラックになります。

細長いダンボールに仕切りをつけておけば、お子さんの靴箱になりますし、ダンボールを切って箪笥に入れれば、細かい仕切りになります。

ダンボールはリサイクルするもの、確かにそうですが、家で何かに利用できるのなら、それだって立派なエコになります。

ダンボールにきれいな包装紙などを貼って、お子さんの小物入れやおもちゃ箱にすれば、いつかいらなくなったとき、リサイクルに出せばいいのです。

まず、創造してみる!

頭の体操にもなりますよ。


ダンボール秘密基地は情報収集にお役立てください。

子供のころに誰しもダンボールで秘密基地を作った経験や希望があったのではないでしょう。