HOME >> ダンボール秘密基地 >> 精巧なアートと実用的な家具

精巧なアートと実用的な家具

世の中には、意外なものを使った驚きのアートが溢れています。

ダンボールアートもそのひとつ。

立体的で精巧で、とてもダンボールで作ったとは思えないほどの芸術作品が人々を驚かせています。

見上げるほど大きなものから子どもが持てるほどの小さなものまで、サイズも形もさまざま。

茶色っぽいクラフト色のダンボールアートがほとんどですが、中にはダンボールのカラーを生かしたものもあります。

どんな芸術もそうですが、ダンボールアートもまた作者によっていろんな作風・味があり、鑑賞の楽しみが広がります。

ダンボールアートは芸術なので観て楽しむものですが、実用的に使える作品もあります。

それがダンボール家具。

棚や引き出し付きの収納家具、椅子やテーブル、ランプシェードまであります。

家具に使われるのは強化ダンボールといって、普通のダンボールよりもさらに強度が高いものを使っているので、非常に頑丈にできています。

人が座ったぐらいではビクともしません。

そして、模様替えが簡単にできるところがダンボール家具の魅力でしょう。

普通の家具は重たくて移動させるのも一苦労しますし、腰が痛くなったり疲れたりすると思いますが、軽量のダンボール家具ならそんなことにはなりません。

ダンボール家具で特にオススメなのが、子ども用の勉強机です。

小学校入学時に購入するご家庭が多い学習机ですが、子ども用なのでいずれ不要になります。

最近は、成長しても使えるようにデザインや機能に配慮した学習机もありますが、お値段もそれなりにしますし、やはりいつかは使わなくなるでしょう。

子どもに合わせたサイズのダンボールの机なら数千円からありますし、そんなに場所もとらないのでどこにでも置けます。

これなら、手軽に購入できますよね。

ものによってはパーツに分けて収納できるので、例えば、帰省の際に持っていくということも可能ですから、不要になっても邪魔にはなりません。

もう使わなくなったら・・・破棄しようというときにこそ、ダンボール家具の最大のメリットがあります。

資源ゴミでもあり、可燃物としても出せるダンボールは、処分する場合もまったく手間がかからないのですから。


ダンボール秘密基地は情報収集にお役立てください。

子供のころに誰しもダンボールで秘密基地を作った経験や希望があったのではないでしょう。