HOME >> ダンボール秘密基地 >> ダンボールのリサイクルマーク

ダンボールのリサイクルマーク

ダンボールなどについているリサイクルマーク、見たことがありますか?

リサイクルマークというのは、消費者が、その商品等を見て、リサイクルできるものなのかどうか判断するためにつけられているマークです。

昔、空き缶やペットボトルなどがごみとしてポイ捨てされることが多く、メーカー側が、町にゴミを捨てないように、ということで、統一美化マークとして自動販売機等にマークを付けたことが始まりです。

リサイクルマークには、いろいろなものがあって、その製品を見て、どういった商品で、どういうリサイクルになるのかが、一目で分かるようになっています。

スチール缶やアルミ缶などにつけられているマーク、容器包装リサイクル法によって作られたPETマーク、紙やプラスチックの識別マークなど、リサイクルのマークはたくさんあります。

ダンボールのリサイクルマークには、ダンボールと書かれているリサイクルマークが付けられています。


ダンボール秘密基地は情報収集にお役立てください。

子供のころに誰しもダンボールで秘密基地を作った経験や希望があったのではないでしょう。