HOME >> ダンボール秘密基地 >> めぐり合うダンボール

めぐり合うダンボール

めぐり合うダンボール

あなたの家庭にも来ている新聞紙や折り込みチラシ・雑誌に郵便物、そしてダンボールで送られてくる商品。

これらは、燃えるごみに出してしまえば、エネルギーの消費で終わってしまいます。

しかし、リサイクルをする事で、ムダにしていたエネルギーも循環させています。

投げたらゴミ、リサイクルなら資源。

元は同じダンボールです。

「古紙が無いと始まらない、リサイクル。」

再生可能な「古紙」は、さまざまなところから発生します。

家庭からは、読み終えた新聞や雑誌、オフィスからは、不要となったコピー用紙などがたくさん出ます。

デパートやスーパーからは、ダンボールが大量に発生し、印刷・製本工場からは、刷り損や断ち落としなどの紙が出ます。

また、売れ残った雑誌や本は、返本センターへ戻ります。

こうしてさまざまなところで発生した古紙の回収をしている業者がいます。

廃品回収業です。

家庭で発生した古紙は、チリ紙交換、町内会や子ども会もしくは地方自治体の資源ゴミ回収などによって集められます。

企業やデパート、印刷工場などからは、一度に大量に古紙が発生します。

各地でまとまった古紙は、回収業者により回収され古紙問屋に集まります。

古紙問屋に集まった古紙は、選別・梱包(約1tの直方体にプレス)され、古紙ヤードに保管されます。

製紙メーカーは、古紙問屋から古紙を購入し、購入された古紙は、全国各地の古紙ヤードから、製紙工場へ運ばれます。

「同じ紙から作る方が効率的」

製紙工場では、作る紙の種類(紙質)にあわせて、使う原料を選んでいます。

「作ろうとする紙と同じ質の古紙」を集めて使うことが効率的です。

例えば、新聞紙を作るには新聞古紙、ダンボール原紙を作るにはダンボール古紙を多く使います。

分別が徹底されていればいるほど、製紙工場で効率的に古紙を利用しやすくなります。

家庭や企業で排出する段階で、きちんと分類する事で、古紙を「原料」へ導く近道となります。

※ 一般家庭での古紙の出し方

新聞・雑誌・ダンボールに分ける。

紙に再生できないものは混ぜない。

ひもでしっかりしばる。(紙ひもが望ましい)。

「古紙から生まれ変わる」

紙は、チップと古紙を原料に作られています。

チップとは、木材を細かく砕き小片にしたもので、チップを薬品と一緒に煮て木材中の繊維を取り出し木材パルプを作ります。

一方、古紙からは、古紙中のインクやチリを除去し古紙パルプを作ります。

ほとんどの紙は、木材パルプと古紙パルプの両方が配合され、作られています。

製紙工場では、様々な種類の紙を生産していまが、それぞれの紙は、求められる強度や白色度が違うので、作る紙の種類や用途に応じて、適した原料(木材の種類や古紙の種類)を選び、それぞれを適した分量で、うまく組み合わせて使用しています。

各社、各工場、各商品によって、古紙の配合率は異なりますが、一般的に、板紙で9割、新聞紙で7割、印刷・情報用紙などでも2割は「古紙パルプ」が配合され、紙が作られています。


ダンボール秘密基地は情報収集にお役立てください。

子供のころに誰しもダンボールで秘密基地を作った経験や希望があったのではないでしょう。