HOME >> ダンボール秘密基地 >> 子供と大人の価値観の違い

子供と大人の価値観の違い

子供の頃は憧れていたもの、子供の頃は宝物だとさえ言えたようなもの、それが大人になってきて段々見目が変わってくる、などという事はあるでしょう。

子供と大人の価値観の違いというのはよくあるものです。

大人には理解しづらいものが、子供にとっては特別であったり。

今でも例えば大人が買ったものでも、その商品などが入っていたダンボールなどを無駄に取っておこうとする子供もいたりしますよね。

それは子供にとっては魅力的なものに見えているからで、大人からすればただのダンボール、ただの箱だと捨ててしまうものかもしれませんが、子供からするとそれ一つでも面白いと思える点があるのでしょう。

小さい箱を小物入れなどにするのも良いでしょうし、大きいものに自ら入ってみるという子供も居るでしょう。

秘密基地などを作るのに利用したい、または落書きをして自分のオリジナルのBOXを作ってみたいなど、様々なことを考えるでしょうけど、それは大人になってからはそうそう出来る事ではないのでは?
皆さんにとってはもはやゴミだと思えてしまうようなそれが、子供からしたら一工夫で宝物に生まれ変わるのです。

子供と大人の価値観の違いは大きいかもしれませんが、それを上手く利用して、自分の子供が喜ぶような玩具を作ってみるのも素敵なのではないでしょうか。


ダンボール秘密基地は情報収集にお役立てください。

子供のころに誰しもダンボールで秘密基地を作った経験や希望があったのではないでしょう。