HOME >> ダンボール秘密基地 >> 子供達とダンボール

子供達とダンボール

子供達は誰もが天才です。

大人では思いもつかないことを思いつきますし、え?!こんな使い方があったんだ!というような利用方法を思いつくのも、子供です。

実家から届いた荷物が入っていたダンボール。

中身を片づけている間に、子供達がダンボールで遊び始めました。

ダンボールはどうやらタクシーになっているようで、姉がタクシーへどうぞーというと、弟がお願いしまーすとダンボールの中へ。

子供達にとっては、ダンボールが様々なものに変化するのですね。

ダンボールは、一般的に形が四角で、中に入れたり、くぐれたり、また形をある程度変えることができます。

それが子供達の心にいろいろな想像をさせるのでしょうね。

あっという間におもちゃになり、しらない間に遊んでいる子供達を見ると、おもちゃなども、買い与えればいいというものではないな・・ということを、強く感じます。

ダンボールという無機質な箱が、子供達のインスピレーションをかきたてるのでしょう。


ダンボール秘密基地は情報収集にお役立てください。

子供のころに誰しもダンボールで秘密基地を作った経験や希望があったのではないでしょう。