HOME >> ダンボール秘密基地 >> 子供にとっての特別

子供にとっての特別

子供の頃の特別と言うのは一体どういうものになるのでしょうか?

そもそも特別って何でしょう、自分だけのおもちゃであったり思い出であったり、お気に入りの洋服であったり遊ぶ時間であったり。

子供の関わる物の中で、それら特別と言うものはきっといくつも出てくるものになると思います。

そんなおもちゃなどと言うものも、ダンボールなどで工作された些細なものであったりもする事でしょう。

ダンボールといえば一般的にもよく見かけるものでもありますし、日常的に利用するものだといっても過言ではありません。

そう言うものから出来た本当にちゃちなおもちゃだったとしても、子供にとっては素敵な宝物になる事もあります。

自分の手で作り上げただとか、家族と一緒に遊んだとか、そう言う気持ちも入るからこそ、物そのものの価値と言うよりはそれらに特別が生まれていくことになるのでしょう。

子供だけではなく、人にとっての特別と言うのはどこで生まれるものかも分かりません。

それが尚更子供となると、それらの幅が広くなったり、些細なものでも価値観が変わっていたりすることから尚更そう言う意識が強くなるのでしょう。

もしも子供と素敵な思い出などを作り上げていきたいと思うのでしたら、ものの価値よりも、それらを作るための時間や工夫を意識してみることをお勧めします。


ダンボール秘密基地は情報収集にお役立てください。

子供のころに誰しもダンボールで秘密基地を作った経験や希望があったのではないでしょう。