HOME >> ダンボール秘密基地 >> 子供が部屋に持つ理想とは

子供が部屋に持つ理想とは

子供の頃というのは何かと一人部屋が欲しかったと思う人も多いと思うのですが、それはどうしてなのでしょうか?

プライバシーの問題という物よりは、小さい頃は自分だけの「特別」という物が欲しかったりするのです。

自分だけの部屋、ようは自分だけの空間ですね。

それらを欲する子供が多いというために、そこで部屋などを預けられない子供がたまに希望として持つのが「秘密基地」のようなまた特殊ですが特別な場所というものです。

ダンボールなどを使って自分たちだけの特別な場所や、友達という仲間と一緒に楽しむような場所が欲しいと思う子供が増えてきています。

それは昔も今も変わらず、そういった物を作るためにダンボールを利用してみたり、様々なことをして遊んで見るのも良いでしょう。

もちろん一言で秘密基地を作ろうと言っても簡単話ではないですし、それなりに準備や場所も必要です。

ですが子供にとってのそういった特別は、長続きしないものだとしてもちょっとは作ってあげても良いのではないでしょうか?

教育も確かに大事ですが、その中のひとつでも良いのでこうした楽しみなどを入れてみるのも良いでしょう。

こうした経験なども良い教育のひとつともいえます。

今は子供がインターネットやゲーム機器などで遊ぶ事が増えてしまっている時代です。

こうした楽しみの一つ一つは、大人が教えていくことになるでしょう。


ダンボール秘密基地は情報収集にお役立てください。

子供のころに誰しもダンボールで秘密基地を作った経験や希望があったのではないでしょう。