HOME >> ダンボール秘密基地 >> 強靭な弱点

強靭な弱点

強靭な弱点

商品を壊さないようにしている強力なダンボール箱をまさか、食べてしまうとは。

1枚の紙から何層にも貼り合わせ出来ている、ダンボールだからこそ、クッション材になったり、落とさせても中の荷物を保護できるように開発させているのがダンボールの役目なはず。

中国の新聞各紙が「北京市の露店で、肉まんの材料にひき肉とともにダンボールを混入させた『偽装肉まん』が発売された」と報道した事で事件が発覚。

これは、使われなくなったダンボールを苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)に浸した水で脱色して紙をボロボロにし、それとひき肉を6対4の割合で混ぜ合わせたとされている。

しかも、豚肉の香料を加えて、本物と見分けが付かないように製造されていた模様だ。

この報道の発端は、地元の北京テレビの情報番組で報道された潜入取材だった。

経営者が「本物の肉まんの数分の1程度のコストで製造でき、1日1000元の儲けを得た」と説明。

また地元当局の調査によると、この露店は無許可営業をしていた。

その後、北京市内の露店を抜き打ち調査したところ、他の露店ではそれらしいものが発売されているところがなく、また問題の露店の経営者は逃亡したという報道がなされた。

真相は分からないが、このダンボール肉まんは北京テレビのスタッフが、出稼ぎ労働者らに金を払い作るように指示を出した、いわゆるやらせ撮影であったと同テレビ局関係者が語り、謝罪した。

しかし、捜査過程で市民から「ギョーザに紙が入っていた」などという通報も相次いでおり、「やらせであったという報道」が事実を隠すための「虚偽報道」ではないか、とする見方もある。

疑惑の原因は、事件のあった建物を即刻立ち入り禁止にしてから、海外メディアに満足な取材もさせないうちに取り壊すという行為にもある。

仮に真実だった場合、化学薬品に詳しい専門家は、「苛性ソーダに関しては、浸したあと一度煮込んでいるようなのでそれほど心配はない、しかし油性インクや塗料などは煮込んだとしても残留の可能性があるのではないか」と語っている。


ダンボール秘密基地は情報収集にお役立てください。

子供のころに誰しもダンボールで秘密基地を作った経験や希望があったのではないでしょう。