HOME >> ダンボール秘密基地 >> 箱に施された工夫

箱に施された工夫

ダンボール箱がただの四角い箱と思ったら大間違い。

さまざまな工夫が凝らされています。

パッと見てすぐ気付くのが、持ち手のある箱でしょう。

箱の側面の2箇所に開いている穴は、持ちやすくするための工夫です。

穴に手を入れれば、持ち運びが楽にできます。

野菜などを入れるダンボールは、側面に小さな穴をつけたり上部が開いていたりするなど、通気性を良くしています。

ダンボールは通常、テープで留めて使うことが多いですが、中には大きなホッチキスで留められているものもあります。

箱を開けたり分解したりするときには、これらのテープやホッチキスをはずさなければなりません。

テープでさえはがすのが面倒ですが、さらにホッチキスは頑丈に留められているのでかなり力を使いますし、大きなホッチキスは可燃物として捨てることができません。

そこで、すぐに開けたり分解したりできるような工夫もあるのです。

力もいらず手間もかかりませんし、小さな燃えるゴミしか出ません。

切り取り線がついているタイプなら、そこを引っ張れば簡単に開けることができるようになっています。

糸で留められている箱もありますが、これも糸を引っ張るだけなのでまったく手間も力もいりません。

箱型にする際、ホッチキスを使って留めるのではなく、切れ目などに差し込むタイプの箱であれば、手で簡単に分解していくことができます。

これならゴミひとつ出ませんよね。

ところで、トラックや店舗などで、中身が入った状態のダンボール箱が何段も積み重ねられている様子をよく見かけると思います。

運搬しやすいよう、また保管しやすいよう積み重ねているわけですが、ダンボールは縦の力に強いように設計されているため、何段も重ねても大丈夫なのです。

その代わり、横の圧力には弱いのでご注意くださいね。

ただ言い換えれば、横に倒せば簡単につぶれるということです。

保管したり資源ゴミに出したりするときにでも、きっちりたためるので助かりますよね。


ダンボール秘密基地は情報収集にお役立てください。

子供のころに誰しもダンボールで秘密基地を作った経験や希望があったのではないでしょう。