HOME >> ダンボール秘密基地 >> ダンボール原資

ダンボール原資

ダンボール原資

ダンボールは紙から出来ている事には違いはないのですが、古紙が主で今では90%以上のリサイクル製品なのです。

あなたが資源回収に出しているダンボールやスーパー等から出るダンボールを資源回収業者が集めてきて、紙工場に持って行きます。

そこで、ダンボールを作る為の紙にしなくてはいけないのです。

ダンボールとは板紙を多層構造で強靭にし、包装資材などに使用できるよう加工した板状の紙製品を指します。

素材としてのダンボールシートのほか、再加工したダンボール箱、その他のダンボール製品を指すこともあります。

本来の意味であるダンボールとは、ダンボール板のことを指し、様々なダンボール製品の素材になっています。

ライナーにフルーテッド(波型に加工)した中芯を貼り付け、さらに裏側にライナーで補強したシート(板状のもの)がダンボール板になります。

軽さと強度、構造・衝撃吸収性、何度も折りたたんでは組み立てられる利便性などから、宅配便、引越し等の運送業、または貯蔵の分野で、従来の木箱に取って代わるようになりました。

通常折りたたむと一枚の平坦な板状になる。

箱のままだと保管に場所を取りますが、平たく板になる事で、高く積み上げる事ができ、保管にも場所を取らないで済むのです。

そのダンボール板を作るのに紙にする必要があります。

ダンボール箱を作る前に、ダンボールシートを作らなければ箱にはなりません。

「ダンボール原紙ができるまで」

ステップ1:回収された古紙(ダンボール)を水の中で繊維状にする。

ステップ2:異物を取り除き、繊維を叩いてからみやすくする。

ステップ3:ローラーで絞りだした物を乾燥させながら巻き上げていく。

ステップ4:巻き上げたダンボール原紙ロールがダンボール工場へ運ばれる。(原紙ロールの重さは1本あたり、1~2トンになります。)

このロール紙から、1枚のダンボール板になるのです。

板と板の間に挟まれた所がダンボールの強度を決めています。


ダンボール秘密基地は情報収集にお役立てください。

子供のころに誰しもダンボールで秘密基地を作った経験や希望があったのではないでしょう。