HOME >> ダンボール秘密基地 >> ダンボールのリサイクル

ダンボールのリサイクル

ダンボールって、可燃ごみではなく、自治体の回収などで回収して、リサイクルしますよね。

ダンボールは回収されると、古紙専門業者などで選別を行って圧縮され、古紙になってまたダンボールになります。

本当は、面倒くさくて、可燃ごみの日に出せたらな?なんて思いますが、ダンボールは何度もこうしてリサイクルによってよみがえるんだ・・ということを思うと、しっかり廃品回収に出さなくちゃいけないって思います。

ダンボールのリサイクル率っていうのは、なんと90%もあるんです。

家庭で使用済みとなったダンボールは、自治体によって回収され、それから古紙回収業者が引き取ります。

古紙回収業者は、選別や圧縮などを行って、製紙工場に送ります。

製紙工場では、ダンボールの原材料として輸出原紙としてダンボール工場におくったり、そのほかの用途に使用するために、海外におくったりします。

ダンボール利用の工場では、リサイクルの原紙を利用して、各メーカーの規程にそったダンボールを作っていきます。

ダンボールを利用する工場からは、国内だけではなく、作ったダンボールを海外にも輸出します。

ダンボールは様々な商品が詰められて、スーパーなどにおくられ、また私たちのところにも、商品などと一緒に届けられるという形になります。


ダンボール秘密基地は情報収集にお役立てください。

子供のころに誰しもダンボールで秘密基地を作った経験や希望があったのではないでしょう。