HOME >> ダンボール秘密基地 >> ダンボールの用途2

ダンボールの用途2

ダンボールは重たいものを中に入れて運べるほどの丈夫さなのに、カッターナイフで切ったりテープを貼ったりして加工もできるので、梱包以外にもいろいろと使えます。

頑丈な点を生かして、棚の代わりになります。

ただダンボールは紙なので、長年使っていると破けるなどして永久的には使えません。

ダンボールの空き箱を棚代わりにするのであれば、一時的なものと考えて使いましょう。

とはいえ、簡単に取り換えられるところもダンボールのメリットですね。

しかし世の中には、丈夫で立派でステキなダンボールの家具もあるんです。

普通の家具なら重さがあるので模様替えは大変ですが、ダンボールは簡単に移動できるし、不要になったときの始末もラクチンです。

展示会などで活躍するパネルや什器などのディスプレイ用品も、ダンボールを利用して作られているものがたくさんあります。

ダンボールアートをご存じでしょうか。

ダンボールを使った芸術作品なのですが、これがまた見事な出来栄えなのです。

どれもが精巧に作られており、材料はダンボールというのが驚きです。

ダンボールアートと言わないまでも、おうちでも自分で工作できます。

ダンボールを組み合わせて家を作れば、秘密基地の出来上がり。

切ったり貼り合わせたりして、おもちゃだって作れます。

子どもと一緒に楽しみながら作れる点もメリットでしょう。

夏休みなどになれば、ダンボールを使った工作教室といった体験会が開かれることもあるので、情報を集めてみてください。

ダンボールの温かさは誰もが知るところです。

予期せぬ災害で避難生活をされている方々は、ダンボールを下に敷いたり壁にしたりして寒さをしのいでいます。

また、避難所での間仕切りにもなります。

避難所での集団生活はプライベートがありませんが、ダンボールで仕切って目隠しすればプライベート空間を確保することができます。

野外で過ごす際、例えば運動会や試合の応援のときに、バーベキューやキャンプといったアウトドアのときなどにも役に立ちます。


ダンボール秘密基地は情報収集にお役立てください。

子供のころに誰しもダンボールで秘密基地を作った経験や希望があったのではないでしょう。