HOME >> ダンボール秘密基地 >> ダンボールの用途1

ダンボールの用途1

サイズが豊富なダンボールの箱は、私たちにとても身近なものであり、いろいろと役に立ってくれます。

まず、ダンボールといって思いつくのは梱包としての役目でしょう。

運搬途中に中の品物が傷ついたり壊れたりしないよう頑丈に作られているのに、ダンボール自体はそれほど重くありません。

また持ち運びに便利で後片付けもしやすいため、梱包に最適なのです。

商品を購入すればダンボールで届きますし、私たちがどこかへ荷物を送ろうとすればダンボールに入れますよね。

今日も宅配便の車はダンボールをたくさん積んで日本中を走り回り、配達員が配達先までダンボールに入った荷物を届けています。

スーパーで、誰でも自由に使えるようにと山積みにされていたり、陳列棚の代わりに商品とともに売り場に置かれていたりするダンボールを見たことがあるでしょう。

それらのダンボールの側面には、実にさまざまな商品名が書かれています。

野菜や果物、缶詰、洗剤などなど、食料品から日用品まで、あらゆる品物がダンボールに詰められてあちこちに運ばれているというわけです。

運ぶ品物に応じて、専用のダンボールが作られています。

外側に書いてある文字やカラーもそうですが、中の品物によってダンボールのサイズや厚さ、形状などが異なりますよね。

例えば、本や精密機械などを運ぶためのダンボールは、品物の大きさや形状に合わせて複雑に組み立てられています。

発泡スチロールや緩衝材がなくても壊れないよう、ダンボールだけできっちりと品物が包みこまれています。

余計なものが入っていないということは、ゴミの削減につながりますよね。

ただの四角い箱でも、違いはあります。

パッと見ただけで、大きさはもちろんのこと、縦長だったり横長だったりの違いはすぐにわかります。

側面に穴が空いているものはそこに手を入れて持ち運びしやすかったり、簡単に開けられるよう切り込みが入っていたりと工夫がされています。

ダンボールは、消費者に商品を届けている企業の顔とでも言えるでしょう。


ダンボール秘密基地は情報収集にお役立てください。

子供のころに誰しもダンボールで秘密基地を作った経験や希望があったのではないでしょう。