HOME >> ダンボール秘密基地 >> ダンボールはアート

ダンボールはアート

ダンボールを自分でいろいろと工夫しながら利用していくと、ただ廃品回収に出すのではなく、何かに利用できないかな?と、いろいろ考えるようになります。

日用品にしようということではなく、このダンボールならどんなアートになるかな?というイメージです。

例えば、強くて小さいダンボールなら、仕切りをつけて色紙を貼って、ドールハウスにできそうだなとか。

ちょっと弱めのダンボールなら、少しくしゃくしゃっとさせて、英字新聞などを入れて、お野菜などをカッコ良く入れてみようかなとか。

細長い形状のダンボールである程度の厚さのあるものなら、やはり仕切りをつけて、スパイスラックなんかにできそうだなとか。

ダンボールのいいところは、ある程度失敗しても、またやり直すチャンスがあるということ。

そして、切ったり曲げたり貼ったり・・ということができるので、自分の思う通りのアートができることなんです。

ダンボールをどう活かすか?

色々と考えていると、ストレス解消にもなるという人もいますよ。


ダンボール秘密基地は情報収集にお役立てください。

子供のころに誰しもダンボールで秘密基地を作った経験や希望があったのではないでしょう。