HOME >> ダンボール秘密基地 >> ダンボールの利便性

ダンボールの利便性

ダンボールがさまざまに活用されるのは、非常に利便性がいいからです。

ダンボールはとても強度が高く、その上軽いので、物を入れて運ぶのに重宝します。

ダンボール自体に緩衝性があるので、多少の衝撃ならじゅうぶん耐えることができますが、緩衝材とセットで使えばより完璧に中身を保護することができます。

ということは、少しぐらい雑に扱っても大丈夫というわけです。

気密性にも通気性にも優れていますから、入れるものを選びません。

多種多様なものを入れて運べます。

さらに簡単に分解(展開)できますのであっという間に薄くなり、使い終わった後も邪魔になりません。

もう一度使いたいときには、組み直せば箱に戻せます。

テープを貼ったりはがしたり、あるいは差し込み部分をはめたり外したりするだけで、ダンボールは箱にもなり、ぺちゃんこにすることもできるのです。

ダンボールは紙なので、カッターナイフなどで切ることもできます。

よっぽど頑丈にできているダンボールだと難しい場合もありますが、たいていのものは自分で加工が可能です。

さらに、ダンボールはリサイクル率が非常に高いので、破棄する際も困りません。

お住まいの地区でリサイクルゴミとして出せるでしょうし、廃品回収もあるでしょう。

地域によっては、いつでもダンボールを出せるようにリサイクルボックスのようなものを設置しているところもあります。

大量生産できるという点も、ダンボールのメリットでしょう。

運搬用の箱として木製やプラスチック製も思いつきますが、ダンボールよりも重さがあるので輸送コストがかかります。

箱自体の単価も、木製やプラスチック製に比べてダンボールはかなり低く抑えられます。

大量に物流する企業にとって、ダンボールは経費削減になるわけです。

中には折りたたみ式の箱もありますが、ダンボール以外の素材はほとんどの場合、バラしたりまた組み直したりということもできませんよね。

破棄するのも面倒です。

このように、ダンボールにはメリットがたくさんあるのです。


ダンボール秘密基地は情報収集にお役立てください。

子供のころに誰しもダンボールで秘密基地を作った経験や希望があったのではないでしょう。