HOME >> ダンボール秘密基地 >> ダンボール一つで子供に笑顔を

ダンボール一つで子供に笑顔を

今時は何かしら商品を買えば、その際についてくるダンボールなどがあると思いますが、それらは大人の皆さんにとってはすぐに処分するべきものになってしまうのではないでしょうか?

ただの紙から出来た箱というのがやはりイメージとしては強いでしょうし、柄や色が綺麗であっても、それは小物入れなどには使えるかもしれませんが、その他のものとなるとそんなに使い道も無いだろうと思ってしまって、ついつい捨ててしまいがちかもしれません。

ですがそういったものなどは、子供にとってはとても使い道の広がる夢の道具にさえなりえるという事をご存知でしたでしょうか。

子供からすればダンボール一つ、それを工夫するだけで、楽しく遊べる玩具にだってなる事が可能なのです。

工作の楽しさを覚えてもらうためにも、そういったダンボールを利用して小さい頃から工作に触れるというのも素敵なものだと思いますし、そうやって何かしら作ったり子供と触れ合うことで、ただのダンボール一つが、それ一つで子供の笑顔に繋がることだってあるのです。

ようは何事も工夫次第という事になるでしょう。

皆さんの中で「ゴミだと思うもの」それをいかに工夫し生まれ変わらせるか、それ一つで子供たちはどれだけ喜んでくれるのでしょうか?目線を変えて考えてみましょう。


ダンボール秘密基地は情報収集にお役立てください。

子供のころに誰しもダンボールで秘密基地を作った経験や希望があったのではないでしょう。